キャンドルの上手な灯し方(~芯のお世話~)

・・・・・・・・・・・・・・・・072.gif
先日のクールビューティのバラのキャンドルですが、レッスンのお問い合わせをいただきました。
こちらはパラフィンワックスで作ります。
ご希望の方は通常メニューのローズキャンドルと同じ料金で作れますよ003.gif
もちろん香りと色は自由にチョイスできます!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・072.gif

さて、話は変わりますが、今日はキャンドルの上手な灯し方の話です。
皆様はキャンドルの燃え方が不安定で最後まで使い切れなかった!という経験はありませんか?(私も経験者です^^;)
実はキャンドルの上手な灯し方のポイントは芯のお世話です。

キャンドルがうまく燃え続けるには、溶けた蝋を芯が吸い上げ続ける必要があります。
つまり、蝋の溶け具合が安定していればキャンドルは灯り続けるのです。
ところが、この蝋の溶け具合は環境に左右されます。
蝋の溶けるスピードは、気温が高いと早いし、低いと遅いです。またむき出しor容器入り(ホルダー、ランタンなど)により、酸素量も保温具合も変わります。また、天然系のワックスやジェルワックスはパラフィンに比べて吸い上げにくかったり、香料や顔料など不純物が多すぎると目詰まりしやすかったりします。そんなこんなの様々な要因で芯がうまく燃え続けられなるのですが、以下の芯のお世話を覚えておくと、役に立ちますよ♪(※香料・顔料の不純物で目詰まりしているもの以外

b0306136_132460.jpg溶けた蝋に芯が浸って火が小さくなった場合
いったん火を消し、液体になった蝋を取り除きます。蝋はティッシュなどに吸わせるなどしてくださいね。間違っても排水管に流さないように!(排水管の中で固まります)
火を灯していて蝋だまりが増えたらその都度この作業を行います。

芯だけが先に燃え尽きてしまった場合
芯の周りを少し削って芯を出して、灯します。
気温が低くキャンドルが冷えているため蝋が溶けにくくなっている場合は、しばらく暖かい部屋に移し、キャンドルホルダーやグラスなどの容器に入れて灯すと炎の温度がグラス内に留まり、多少は蝋が溶けやすくなります。
また、細くて深めのホルダーに入れて灯している場合は酸素不足で炎が小さくなり、蝋が溶けにくくなっているのかもしれません。その場合はホルダーから出して使ってみてください。


秋の夜長、皆様のキャンドルライフが心地よいものでありますように・・・072.gif


秋のキャンドル情報が満載!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくりキャンドルへ
にほんブログ村


Facebookに参加しています。良かったら「いいね」してくださいね☆
by mirabell2 | 2014-10-31 13:13 | キャンドル制作日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mirabelle2.exblog.jp/tb/23664046
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


東京都台東区のキャンドル教室です。蜜蝋で作るフラワーキャンドルのレッスンをしています。キャンドルがお好きな方、お花がお好きな方に選んでいただける教室になることを祈って・・・


by mirabell2

プロフィールを見る

スライドショー

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新の記事

実はしばらくぶりです!レッス..
at 2017-09-18 21:56
新しい季節が嬉しい理由は・・・
at 2017-09-06 23:42
フラワーキャンドルベーシック..
at 2017-08-31 11:48
詰め込みました!
at 2017-08-30 22:43
キッズ作品、続々と。
at 2017-08-28 02:47

検索

カテゴリ

◆キャンドルレッスンのご案内
◆画像加工レッスンのご案内
日々のこと
キャンドル制作日記
生徒様作品のご紹介
キッズレッスン
ご挨拶

記事ランキング



Facebookに参加しています。良かったら「いいね」してくださいね☆

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月