カテゴリ:キャンドル制作日記( 48 )

ぼんぼり。

まだまだ外は気温が低く、寒い日が続いていますが、日差しだけは少しずつ春めいている気がします。日も徐々に長くなり、確実に春に近づいていますね。
(私は年が明けてからは気分的にはすでに春です。)
さて、そんな気分だけはもう春が来ている私ですが、こんなのを作ってみました。

ぼんぼり!b0306136_22224796.jpg

桜を埋め込んだワックスを2枚重ねてちょっと着物風に。

b0306136_22541420.jpgピンク×白で作ってみました。
この配色、かさねの色目では「薄花桜」という配色だそうです。
日本の伝統配色である、かさねの色目は配色名を見ているだけで季節の情景が目に浮かび、ちょっとワクワクします。皆様はどの配色がお好きですか?
(☆←ご参考)

b0306136_2362855.jpgさて、このぼんぼり、中は空洞です。ティーライトキャンドルを置いて灯すと・・・

b0306136_2384418.jpgなかなか幻想できです・・・。
もう少し作りやすく改良して、春のシーズンレッスンにするつもりです。どうぞお楽しみに♡

手作りキャンドルの情報が満載!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくりキャンドルへ
にほんブログ村



Facebookに参加しています。良かったら「いいね」してくださいね☆
by mirabell2 | 2015-01-25 22:10 | キャンドル制作日記 | Trackback | Comments(0)

小鳥とお花

今週からは娘の学校も始まり、そろそろお正月モードを切り替えて・・・と思ったら3連休なんですね。もちろんお仕事の方もたくさんいらっしゃると思いますが。なんだかここで3連休ってちょっと持て余してしまいます(^^;

さて、今日は以前このブログでも書いたことがありますが(こちら★)もっと繊細なお花のキャンドルを勉強したいと思って通ったキャンドルスクール「vida=felize」の卒業生向けワークショップに行ってきました。
小鳥とお花!どっちも私が大好きなモチーフです053.gif
折角の新春ですから、視界に入った時に、ぱっと明るく、ホワンとあたたかい気持ちになれる色で作ってみました。
b0306136_106100.jpg

お花いっぱいのキャンドルのレッスンは、今年やりたいことの一つです!
今、デザインを含め、新しいメニューを準備している途中です。
きっと、とっても楽しいレッスンになると思います003.gif
準備が整いましたらまたこのブログでお知らせさせていただきますね。
新しいレッスン、私自身、今からとっても楽しみです꒰ღ˘◡˘ற꒱



手作りキャンドルの情報が満載!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくりキャンドルへ
にほんブログ村



Facebookに参加しています。良かったら「いいね」してくださいね☆
by mirabell2 | 2015-01-11 01:08 | キャンドル制作日記 | Trackback | Comments(0)

北欧からやってきた回るキャンドル!

カレンダーは12月になり、いよいよ寒い日が増えてきましたね。
寒くなると窓も閉めがちになりますが、北欧では氷点下でも少しだけ窓を開けて就寝する習慣があるそうです。北欧の健康法だそうですよ。
さて、今日はそんな北欧からクリスマスシーズンにおすすめのキャンドルグッズです!
スウェーデンのブランド、プルートプロダクト(pluto produkter)のロータリーキャンドル 。このロータリーキャンドルシリーズ、北欧らしい素敵なデザインのものがたくさん揃っています。季節ごとにたくさん集めたくなりますよ!(アマゾンや楽天などでも手に入ります^^ )

今うちで飾っているのはイエスキリストの生誕の物語をモチーフにしたものです。
b0306136_995760.jpgマリアとヨセフ、飼い葉桶の中には生まれたばかりのキリスト。それを見守る馬と東方の三博士。そして天上には、ベツレヘムの星。細工が繊細で本当に美しくて、ついうっとり眺めてしまいます。

b0306136_9231298.jpgそして下にセットしたティーライトキャンドルに火を灯すと・・・。
キャンドルの炎の熱で上昇気流が起き、てっぺんのプロペラが回ると同時にモチーフもキラキラ光をはんしゃしながらくるくると回ります。その様子がとっても綺麗で、もう何度見ても「わぁ☆」ってなります!
日中は日の当たる窓辺に置いておくだけでも、風が入るたびにキラキラと光を反射しながら回ってとっても綺麗!
冬場、日照時間の少ない北欧の人々はこうして貴重な光を集めて楽しんでいるのでしょうね・・・。
それでは皆様、どうぞ素敵な週末をお過ごしください。


手作りキャンドルの情報が満載!
手づくりキャンドル盛りだくさん!
にほんブログ村

by mirabell2 | 2014-12-05 10:23 | キャンドル制作日記 | Trackback | Comments(0)

クリスマスツリーの森・・・

まだ作りかけのクリスマスツリー達・・・。森になりそうです。
b0306136_2246367.jpg



手作りキャンドルの情報が満載!
手づくりキャンドル盛りだくさん!
にほんブログ村


Facebookに参加しています。良かったら「いいね」してくださいね☆
by mirabell2 | 2014-11-15 08:43 | キャンドル制作日記 | Trackback | Comments(0)

キャンドルの上手な灯し方(~芯のお世話~)

・・・・・・・・・・・・・・・・072.gif
先日のクールビューティのバラのキャンドルですが、レッスンのお問い合わせをいただきました。
こちらはパラフィンワックスで作ります。
ご希望の方は通常メニューのローズキャンドルと同じ料金で作れますよ003.gif
もちろん香りと色は自由にチョイスできます!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・072.gif

さて、話は変わりますが、今日はキャンドルの上手な灯し方の話です。
皆様はキャンドルの燃え方が不安定で最後まで使い切れなかった!という経験はありませんか?(私も経験者です^^;)
実はキャンドルの上手な灯し方のポイントは芯のお世話です。

キャンドルがうまく燃え続けるには、溶けた蝋を芯が吸い上げ続ける必要があります。
つまり、蝋の溶け具合が安定していればキャンドルは灯り続けるのです。
ところが、この蝋の溶け具合は環境に左右されます。
蝋の溶けるスピードは、気温が高いと早いし、低いと遅いです。またむき出しor容器入り(ホルダー、ランタンなど)により、酸素量も保温具合も変わります。また、天然系のワックスやジェルワックスはパラフィンに比べて吸い上げにくかったり、香料や顔料など不純物が多すぎると目詰まりしやすかったりします。そんなこんなの様々な要因で芯がうまく燃え続けられなるのですが、以下の芯のお世話を覚えておくと、役に立ちますよ♪(※香料・顔料の不純物で目詰まりしているもの以外

b0306136_132460.jpg溶けた蝋に芯が浸って火が小さくなった場合
いったん火を消し、液体になった蝋を取り除きます。蝋はティッシュなどに吸わせるなどしてくださいね。間違っても排水管に流さないように!(排水管の中で固まります)
火を灯していて蝋だまりが増えたらその都度この作業を行います。

芯だけが先に燃え尽きてしまった場合
芯の周りを少し削って芯を出して、灯します。
気温が低くキャンドルが冷えているため蝋が溶けにくくなっている場合は、しばらく暖かい部屋に移し、キャンドルホルダーやグラスなどの容器に入れて灯すと炎の温度がグラス内に留まり、多少は蝋が溶けやすくなります。
また、細くて深めのホルダーに入れて灯している場合は酸素不足で炎が小さくなり、蝋が溶けにくくなっているのかもしれません。その場合はホルダーから出して使ってみてください。


秋の夜長、皆様のキャンドルライフが心地よいものでありますように・・・072.gif


秋のキャンドル情報が満載!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくりキャンドルへ
にほんブログ村


Facebookに参加しています。良かったら「いいね」してくださいね☆
by mirabell2 | 2014-10-31 13:13 | キャンドル制作日記 | Trackback | Comments(0)

クールビューティー。グレースケリーなキャンドル

ローズのキャンドルを。
落ち着いたグレーにシルバーのラメで花びらを縁取り。ベージュラベンダー色のミニバラを添えて。
b0306136_23443693.jpg

クールビューティーなグレース・ケリーのイメージで作りました。
今上映中ですね。『グレース・オブ・モナコ~公妃の切り札
うふふっ。私も近々見に行く予定です。

・・・・・・・・・・・・・・・・☆
b0306136_153312.jpg
因みに・・・。
とても花を愛されたグレース公妃にささげられたバラがあります。
その名も「プリンセス・ドゥ・モナコ」。こちらは可愛らしいピンクのバラです。


秋のキャンドル情報が満載!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくりキャンドルへ
にほんブログ村


Facebookに参加しています。良かったら「いいね」してくださいね☆
by mirabell2 | 2014-10-25 01:07 | キャンドル制作日記 | Trackback | Comments(0)

癒されキャンドルです♡

これ、な~んだ!!

b0306136_15563352.jpg
実はこれ、キャンドル用の芯です。
とってもナチュラルな風合いの木の芯。ウッドウィック。お皿に置くとちょっとおいしそうでしょ。だべられませんが037.gif
しかも火を灯すと「パチパチと焚き火のような音がする」らしい。

というわけで、以前から気になっていたのですが、今回機会があったので取り寄せてみました。
よく見ると薄~くスライスした板を2枚張り合わせてあります。つやがあるので蝋引き済みなのかな?専用の座金もついていました。さて・・・。

わぁ!ちょっと素敵053.gif
b0306136_15592356.jpgいつもの綿芯よりもちょっと贅沢な雰囲気ですね。
せっかくの天然素材の芯で焚き火の音を楽しむならワックスも天然素材だよね!と思い、大.豆由来のソイワックスで作ってみました。
しっとりとした風合いのソイワックスにぬくもりのある雰囲気のウッドウィック。なかなかお似合いです。

では・・・いよいよ・・・。
b0306136_16112327.jpg

火の幅が広いので、かなり明るいです。ほんと、焚き火を眺めるときのあの感覚。火を眺めたまま、しばしぼ~っとする感じ・・・。ふぅ・・・。
おっと、いけないいけない。ちゃんとレポートしなきゃね。そして、音。
「・・・・・ッパチ。パチパチ・・・パチ・・・。」
焚き火のような勢いの良いパチッ!!という音を想像していたのだけど、もっともっと静かな音です。線香花火の燃え始めのようなかすかな音。まわりがうるさいと聞こえません。静かな静かな夜に、そっとキャンドルを灯し、この音を聞きながらゆったりと時間を過ごしてみたくなる、そんな音です。

かすかな音とゆったりとした炎。眺めるたびに癒されます・・・。




秋のキャンドル情報が満載!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくりキャンドルへ
にほんブログ村


Facebookに参加しています。良かったら「いいね」してくださいね☆
by mirabell2 | 2014-10-22 16:33 | キャンドル制作日記 | Trackback | Comments(0)

ティーライトキャンドルのあれやこれや

私が初めてこれを買ったのは、明りとしてではなく、アロマポットでエッセンシャルオイルを温めるためだったかな・・・。
この小さなキャンドル、ティーライトキャンドルって言いますが、もともとは紅茶のティーポットを温めるために使われていたので、ティーライトキャンドルって名前なのだそうですよ。

b0306136_0353145.jpgお気に入りのキャンドルホルダーやランタンにぽんっと入れてとっても手軽に楽しめるのが魅力です。器に入れて灯すので、炎そのものというより、器から漏れる明かりを楽しむためのキャンドルです。
(写真の白いランタン、実はワックスで作ってあるんですよ。溶けにくく、硬度・強度のあるパルバックスというワックスです。)


b0306136_0363121.jpgさて、このティーライトキャンドルですが、サイズはどこのメーカーのものもほぼ同じ。
買ったときについているカップは外さずにそのまま使います。
アルミカップのものとクリアカップのものがありますが、灯した時に違いがわかります。

写真は左がアルミカップ、右がクリアカップです。
b0306136_0365683.jpg横から見ると全体に光が見えるクリアカップのほうがきれいです(上)。
一方、器の周りに広がる光を見ると、アルミカップのほうが器の陰影が美しく出ます(下)。
それぞれのメリットをいかし、フロスト加工の様な透け感のあまりないホルダーには全体が明るいクリアカップ、模様の美しいホルダーにはアルミカップという風に使い分けるのがお勧めで~す003.gif




秋のキャンドル情報が満載!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくりキャンドルへ
にほんブログ村


Facebookに参加しています。良かったら「いいね」してくださいね☆
by mirabell2 | 2014-10-09 00:42 | キャンドル制作日記 | Trackback | Comments(0)

ハロウィンのかぼちゃキャンドル

ちょっと空いてしまいましたが皆様いかがお過ごしですか?私は娘の新学期が始まり、バレエの発表会があり、でバタバタ過ごしていました(^^;

----------------☆

さて。そろそろ街ではあの色が目につき始めました。オレンジ×の・・・そう、ハロウィン
ハロウィンは10月31日だからまだ1ヶ月半もあります。随分早いですね!
ところで、ハロウィンですが、もともとはキリスト教には関係なくケルト人のお祭りだったそうですよ。夏と冬しかないケルトの人にとって11月1日は夏から冬に切り替わる新しい年の初め。ハロウィンはその前夜祭として10月31日に悪霊を追い払い、収穫を祝うお祭りだったそうです。
その日は異界から良い霊だけでなく悪霊も一緒にこの世にやって来るので、魔除けのために明かりを灯したそうです。それがジャック・オ・ランタンの始まり。
ちなみにケルト人は蕪をくりぬいてランタンにしたそうです。(現在のオレンジかぼちゃになったのはアメリカ人が栽培しやすいかぼちゃを使ったのが始まりだそうです)

b0306136_16134029.jpgこのジャック・オ・ランタンには言い伝えがあるんですって。
「昔、悪魔をだまして悪行を重ねたジャック。死後はもちろん天国へ行けず、生前だました悪魔には門前払いされたため地獄へも行けず、くりぬいた蕪をランタンにして闇を照らしながら彷徨った」のだそうです。なるほどね~。


b0306136_16234798.jpgさて、今日はハロウィンにちなんでかぼちゃのキャンドルを作りました。
帽子をとるとキャンドルに003.gif


b0306136_1628037.jpgかぼちゃに顔をつけたりつけなかったり、帽子のリボンでおしゃれしたり。
10月31日までの期間限定シーズンレッスン。詳細はまた後日。




b0306136_1655935.jpg
Face Book始めました。併せてご覧ください。→


秋のキャンドル情報が満載!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくりキャンドルへ
にほんブログ村
by mirabell2 | 2014-09-10 16:29 | キャンドル制作日記 | Trackback | Comments(0)

あじさいキャンドル

5月も今週で終わり。暑い日も増えてきて、そろそろ涼しげな色が恋しくなる季節ですね。
例えばアジサイやラベンダーの紫!癒されますね♪
というわけで、今日はあじさいのパーツづくり。

b0306136_23581143.jpgこの抜き型はシュガークラフト用のものです。シュガークラフト用の抜き型って意外とお高いんです!!ご存知でしたか?
合羽橋で購入したこのあじさい用の抜き型、シンプルな形でなんと1170円!!
で、抜いてみても・・・。
これ、あじさい?・・・かな?でしょ^^;

b0306136_2330128.jpgでも、手前の様に
(1)花びらを4つに分けて
(2)捻って
(3)もう一度立体的にくっつけて。
(4)最後にアラザンを乗せると・・・

b0306136_23412283.jpgすっかりあじさい(笑)かな~り根気のいる作業です^^;

ちょっと涼しげなグラスキャンドルができました037.gif
近々シーズンレッスンに登場しますので、もうしばらくお待ちください。
b0306136_23585063.jpg


春のハンドメイドキャンドル情報が満載!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくりキャンドルへ
(にほんブログ村)
by mirabell2 | 2014-05-26 22:58 | キャンドル制作日記 | Trackback | Comments(0)


東京都台東区のキャンドル教室です。蜜蝋で作るフラワーキャンドルのレッスンをしています。キャンドルがお好きな方、お花がお好きな方に選んでいただける教室になることを祈って・・・


by mirabell2

プロフィールを見る

スライドショー

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新の記事

花いっぱいお花畑ケーキとデビ..
at 2017-06-26 02:09
大変お待たせしました!資格も..
at 2017-06-18 20:27
あなたの写真がキラリと輝く講..
at 2017-06-17 16:45
父の日にキャンドル
at 2017-06-17 00:00
紫陽花のレッスンと芍薬のドラ..
at 2017-06-14 01:58

検索

カテゴリ

◆キャンドルレッスンのご案内
◆画像加工レッスンのご案内
日々のこと
キャンドル制作日記
生徒様作品のご紹介
キッズレッスン
ご挨拶

記事ランキング



Facebookに参加しています。良かったら「いいね」してくださいね☆

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月